コモアしおつ・トリコパルクを見学してきました。

昨日、コモアしおつ・トリコパルクを見学してきました。
ここは積水ハウスのまちなみ参観日のテレビCMでも使われている場所で、今年から参加したグリーンチェーンネットワークの見学会としてちょっと遠かったのですが、最近の分譲地におけるまちなみづくりがどうなっているか、自分の目で見る機会だったので行ってきました。

関心の一つに戸建住宅の設計はもちろんですが、まちなみ形成ということもあります。
昔ながらの背割り宅地ではない宅地割りが、ハウスメーカーでも意識し始めているようだった。

この四方津という場所は自然豊かな場所で、駅を下りてコモアブリッジという標高差約88m、距離にして200m程の斜行エレベーターに乗って行く。これがまた初めて見る光景にちょっとびっくり。

d0016587_23411553.jpg


先が見えません。

ここはもともと山だったところを開発し、造成した場所らしく、もう分譲開始して17年ぐらい経つということだった。

今回見学させて頂いたエリアは他が背割り宅地に対し、ひまわり配棟という手法を用いて他の宅地に比べると街区の雰囲気が違う。

d0016587_2346199.jpg


隣地との境界もピンコロだけでフェンスもなく隣の庭は自分の庭、自分の庭は隣の庭のような視覚的効果を与えている。

日本の分譲住宅地にこのような感じの分譲地が増えて行けばまちなみも少しずつ変わって行くだろう。


d0016587_23485584.jpg


庭のつくり方、樹種の選定などいろいろ参考になった部分もあった。

自分でやる場合は、やはり建物のフロントヤードのつくり方、それと接するフロントポーチ、バックヤード、見る庭、楽しむ庭、使う庭など中間領域のつながり方を意識して設計をしたい。

こうして他者がやった物件を見る事で自分の設計を振り返ることができる。
今回の見学会には他のハウスメーカーも参加されていたのでこういう分譲地をもっと増やして行って欲しいと思う。

日本の住宅の資産価値をどう高めて行くかは住宅建設に係わっているすべての人たちが努力していかなければならないことだと思う。


d0016587_23562588.jpg


上の写真は上下がよくわからないが、上から下へ向かって斜行エレベーターの中から撮ってみました。かなり高い。

しかし今の時代ではなかなかこういう開発はできないのではないだろうか。

自然豊かな場所では成り立つけれど、もう少し町中のまちなみをきれいにしていくにはどうしたらいいか考えて行かなくてはいけない。


[PR]
by zucky67 | 2008-10-04 00:00 | 雑記

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
プロフィールを見る
画像一覧