雑記 154 阿修羅展に行ってみた

今日はあいにくの天気でしたが、朝一番で東京上野の東京国立博物館・平成館で開催中の国宝阿修羅展に行ってきた。
午前中はかなり混雑しているという噂を聞いていたのですが、9時には上野についていたので並びはしたものの、許容範囲の待ち時間で中に入る事が出来た。

「1日2万人の入場者数がある」と関係者の人がいってました。
そんなにも仏像マニアがいたのかと思うほどの数字である。
一番のピーク時は90分ぐらい待つようだ。

d0016587_2329097.jpg


まだ開場前なのにこの行列。すごいですよね。

興福寺創建1300年記念で開催されている阿修羅展ですが、以前興福寺は行った記憶があったのに阿修羅像は見た記憶がない。その時は他がメインだったために、そこまで気が回らなかったのかもしれない。

とにかく人はすごかったけれど、朝一番がよかったせいか混雑の中でも空いているように感じた。たださすがに阿修羅像のところは他の展示物に比べて人が多かったですね。

しかし阿修羅像は必見です。
今は色が落ちていますが、仏像の中でも柄や色がまだ残っている方で、1300年近く前のものとは思えないほどきれいです。当時は相当華やかな仏像だったのではないかと想像しました。それにインドの影響が大きく感じられる仏像ですね。

これは見たくなるのもうなずけます。

阿修羅展には阿修羅像の他にも見所満点の仏像が多数来ています。6月7日(日)までやっていますのでもし興味がある方は出かけてみてはいかがでしょうか。
参考までに混雑具合は携帯でチェックできます。
夕方から閉館までの間は空いているようです。

伝わっている歴史と真実は違う部分も多くあるだろうけれど、本当の事は誰もわからない。こうして1300年という時空を超えてこの仏像たちはどういう世界をみてきたのだろうか。なんていう思いに耽るのもたまにはいいのかな?

その他に西洋美術館ではルーブル美術館展が14日までやっています。こちらもかなりの混雑でした。

まあ現地に行ってみるのが一番いいのですが、なかなかチャンスがないと行けない時にこういう展覧会が東京で開かれるのはとてもいいですね。
できるだけ、見たいと思うものについてはチェックしておきたいです。



[PR]
by zucky67 | 2009-05-28 23:56 | 雑記

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
プロフィールを見る
画像一覧