カテゴリ:風景( 4 )

04_八幡堀

d0016587_23404388.jpg
時代劇を見るかたにとってはおなじみの近江八幡にある八幡堀。
一度訪れてみたいと思っていた場所。
映像では上手くカット割りしているため、江戸時代そのままの風景だと感じるが、実際その場に立ってみると意外と現代的なものも多く目に入る。
昭和40年代にはかなり荒廃した状況だったようだ。
昭和50年代から市民の保存運動の高まりとともにこのような景観となり、現在まで保たれている。
ただ当時はいろいろと改修か保存かということで市民の間でも議論があった。
景観を維持していくのは大変であるが、一度失ってしまうとなかなか取り戻しにくくなる。
今となってはこの風景が残っているからこそ、江戸時代の川端の風景が表現できる。
訪れたのは随分前になるが、冬だったので次回は少し緑が生い茂る雰囲気を味わえる時期に行ってみたい。

日々の出来事住まいとくらし

二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab
[PR]
by zucky67 | 2016-03-13 23:58 | 風景

03_山居倉庫

d0016587_23231841.jpg
もう5年半近く前になるが、山形県の酒田にある山居倉庫を訪れた。
何で見たか忘れたが、一度訪れたいと思っていた場所であった。
周辺環境、場所の持つ雰囲気、エネルギーは写真では伝わらないし、実際その場に立ってみないと感じないことである。

山居倉庫は明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫だそうだ。
NHKの朝の連続テレビ小説「おしん」のロケ地にもなったようだが、見ていなかったのでどういうシーンで使用されたかはわからない。
驚いたことにこの倉庫は現在も農業倉庫として使用されているという。
観光資源であると同時に現役としても使用され続けながら出来上がった風景はとても貴重な存在でもあると思う。

日々の出来事住まいとくらし

二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab
[PR]
by zucky67 | 2016-03-10 23:37 | 風景

02_斜面地の住宅

d0016587_18321984.jpg
もう5年以上前になる。
長崎に旅行した時、撮った斜面地に建つ住宅。
改めて坂道が多い町だと認識した。
生活するのはなかなか大変だと思う。
若い時は若さがカバーしてくれるが、年を取るとなかなかそういうわけにもいかない。
ただ高低差のある風景は平坦な風景よりも魅力的である。
個人的に好きな風景の一つなので、自ずとシャッターを切ってしまう。

日々の出来事住まいとくらし

二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab
[PR]
by zucky67 | 2016-02-24 18:44 | 風景

01_神田川の船宿

d0016587_23113097.jpg

街を歩いていると思いがけない風景に出会う時がある。
この風景もそうだった。
神田川の船宿。
ここだけが異空間のようだ。
しかしなぜか心が和む。
これが東京という街の不思議なところだ。

日々の出来事住まいとくらし

二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


[PR]
by zucky67 | 2014-09-04 23:17 | 風景

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
プロフィールを見る
画像一覧