雑記 336 夕陽

今日は大きな地震が三宅島と宮城で起きました。
なんか最近、多いような気がするのは気のせいでしょうか。
先日は淡路島でもあったばかりだし、世界でも各地で大きな地震が起こっていますね。
地震は万が一ではなく、イツデモという気持ちを持って、対応できるようにしておかなくては何時どこで起こっても不思議ではありません。

今日は1日風が強く吹いていましたね。
バルコニーのモミジも部屋内に避難させましたが、葉先が傷んでしまいました。
暖かくなってきて、ようやく春という感じだし、日も長くなってきました。
気づいたら太陽が沈む位置も冬に比べるとだいぶ移動しました。
写真は今日の夕陽です。
きれいな丸だったの思わず撮ってしまいました。
d0016587_23314249.jpg

d0016587_23315129.jpg


日々の出来事
住まいとくらし

二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


[PR]
by zucky67 | 2013-04-17 23:36 | 雑記
ちょっと書き込みが久しぶりになりましたが、今朝の地震、どうでした?
結構、長かったように感じましたが、もしやこれは大きな地震が起こったのではと思い、テレビをつけるとなんと静岡県ではありませんか。

思わず、頭をよぎる東海大地震。
実家の方は速報では震度6弱。(結局震度5弱だった)

おー家は大丈夫だろうか。
幸い親がこちらに出てきていたので良かったのですが、静岡で起こる地震のイメージは大きいので少しビックリしました。

時間が経つにつれてその被害状況がわかってきて、今回の地震がいかに大きかったかがわかった。しかし専門家によれば今回の地震との関連性もないとの見解なので少し安心はしているけれど、東海大地震はその100倍以上のエネルギーということをテレビでコメンテーターがおっしゃっていたので、どんだけの被害が出るのか想像できない。

小さい頃から地震が起こるといわれてきている地域なのだが、普段は関東ほど地震は多くない。
したがって揺れに対しても慣れていないのが現状ではないだろうか。(少なくとも自分がそうだったから)住んでいた頃は大げさにいえばちょっと揺れただけでも大地震のように感じてしまっていたように思う。

関東に住むようになって有感地震がこんなにも多いなんて思ってもみなかったし、だいぶ落ち着いて行動できているようになってきていると思っている。(あんまりこういう事に慣れちゃいけませんけど)ただ突然の地震の大きな揺れにはやはり、びびってしまうところもある。

今まで経験している最大の揺れは震度5強。
この時はかなり揺れて、出先から家に戻るまで5時間以上かかった経験をした。

地震はいつ何時どこで起きるかわからない。
備えあればというけれど、すべての場所で備えられるわけではない。
ある程度自己防衛策を講じておく必要があることは間違いないし、起こった後どう行動するかあらかじめ考えておかなくてはとあらためて思った。

各地で自然災害が発生しています。
気候も少し変です。気がつかないうちにいろいろと変化しているのかもしれません。
何が起こってもおかしくない時代になってきている。
危機管理だけはしっかりしておきたいものだ。


[PR]
by zucky67 | 2009-08-11 16:59 | 雑記
岩手・宮城内陸地震が発生して今日でちょうど一年が経つ。マグニチュード7.2、震度6強という規模の地震で死者行方不明者合わせて23名、負傷者448名という犠牲者が出た地震だった。
14年前に起きた阪神・淡路大震災のインパクトに比べると小さいかもしれないが、犠牲者が出た事には変わりはない。
その間にも2004年の新潟県中越地震、2005年の福岡県西方沖地震、2007年の能登半島地震、新潟県中越沖地震と大きな地震は日本各地で起きています。
また世界でも四川大地震やスマトラ島沖地震など規模が大きな地震が起こっています。

いつか首都圏直下型地震が起こるといわれていますが、震災はどこで遭遇するかによってその行動は違ってきます。
いろいろなパターンを考えてパニックにならないように普段からの意識や行動が重要だとは思っていても人間なかなかそう簡単にはいかないもので、実際になってみないとわからない部分が多く、言われても実感がわかないとやらないし、頭で理解していても行動に移せない場合が多いことは確かです。

日本各地では毎日多くの地震が発生している事実があります。(最近、コンピュータ上に毎日の地震の発生する情報がわかるようにして初めてその多さにビックリです)
そしていつ何時地震が起こるかは誰も予想できません。
心構えだけはしておかないといけないのかもしれないですね。

防災自体は自分自身の専門分野ではないけれど、設計をしている専門家という立場でどこまでできるのかわからないが、一市民としての立場を考えながら防災・減災のまちづくりをしていくことが大切だと考えています。


[PR]
by zucky67 | 2009-06-14 18:28 | 雑記

雑記 035

今朝、東北の岩手・宮城で震度6強の地震が発生した。
ゆっくりと揺れたので”地震だっ”と思ってテレビをつけると東北地方で地震。

中越のときのそうだったが、離れた場所でも震度6以上の地震の際は、ここ埼玉でも揺れる。

何年か前に関東で起こった震度5強程度の地震を経験したが、それでもかなり冷や汗もんだった記憶がある。そのときは都心部の電車がストップして、帰宅するまでに5時間以上かかった。

1ヶ月前に起きた四川大地震、そして今回。
いつ関東直下型地震が起きるとも限らない。

しかし少なくとも準備だけは怠らない様にしなくてはいけない。
ただどういう状況下にいるかその時になってみなければわからないというのも正直なところです。

[PR]
by zucky67 | 2008-06-14 12:10 | 雑記

あれから13年

今日は阪神淡路大震災が発生して13年目を迎えた。
当時、朝のニュースで見た映像のショックは忘れられない。
地震発生から3ヶ月後ぐらいに関西に行く用事があり、その足で震災現場を見て回った。
時間の関係も有り、実際に行けたのは東灘区と三宮駅周辺だっただろうか。
発生直後に比べ、やや落ち着き始めてはいたものの、倒壊したビルを目の当たりにし、そして崩れ落ちた住宅群を見て、屋根の上にかけられたブルーシートが震災地に近づくにつれ多くなっていく光景を見た時、何もできない自分の力の無さを感じたのを今でも覚えている。

関東大震災から85年。
いつ起きてもおかしくないと言われてる首都圏直下型地震。
昨年も、能登半島地震中越沖地震の大きな地震による被害が相次いだ。
また3年ちょっと前の中越地震も記憶に新しい。
気象庁のホームページを見ると毎日大小かかわらずどこかで地震が起きていることがわかる。日本は当たり前のようだが地震国であることが実際のデータでわかる。
気象庁は昨年10月から一般向けに緊急地震速報の提供を始めました。最近はこの速報の受信機を置いている方もいます。
天災に対して何を備えなければいけないか考える良い機会だと思う。

今、「震度6強 15秒後」という声が聞こえてきた時、自分はどうするだろうか。

[PR]
by zucky67 | 2008-01-17 14:07 | 雑記

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30