タグ:景気対策 ( 4 ) タグの人気記事

住宅版エコポイント

昨日、住宅版エコポイントの講習会を聞きに渋谷CCレモンホール(いつの間に渋公じゃなくなった!というぐらい久しぶりに)に行ってきました。
渋谷の町も久しぶりだとタイムスリップした感じです。(大盛堂のビルがZARAになってるし、5年前に閉店休業してたみたい)
さて講習会の方は関心の高さを物語ってか、会場は満席状態。
ただすべてがエコポイントの内容ではなく、一時間半の講習会のうち、最初の30分は昨年施行された住宅瑕疵担保履行法について、次の30分を住宅版エコポイントにちて、残り30分を質疑応答という形の内容でした。
詳しい内容は国交省のホームページでも紹介されているので省きますが、大枠としては新築住宅1戸あたり30万ポイント(1ポイント1円相当)、リフォーム住宅はエコリフォーム(窓、断熱)、バリアフリー改修の部位による加算方式で上限は新築住宅と同じ30万ポイントということらしい。申請などの期限については下記のようになっています。

発行対象
新築は平成21年12月8日〜平成22年12月31日に建築着工したもの。
リフォームは平成22年1月1日〜平成22年12月31日に工事着手したもの。
ただし、この条件を満たしたものでも補正予算が成立する前に工事が完了したものは対象外だそうです。(特にリフォームは注意が必要)

ポイント発行の申請期限
新築の1戸建て住宅は平成23年6月30日まで、共同住宅は平成23年12月31日まで(ただし11階建て以上のものは、平成24年12月31日まで)
リフォームは平成23年3月31日まで

ポイント交換の申請期限
平成25年3月31日まで

住宅版エコポイントは家電のエコポイントと違ってポイント数も大きいことから即時交換でそのポイントを工事費に充当することもできるということです。

単純計算して30万ポイントフルにもらえる工事は約33万。新築、リフォームを合わせての数字なのでどこまでこのエコポイントが普及して景気対策として効果があがるかはわからないのですが、早くも窓メーカーと家電量販店がタッグを組んで店先で窓を売る動きも出てきていますし、マンションメーカーも全戸住宅版エコポイント付きマンションを売り出そうという動きがでてきて、エコポイントの争奪が始まっています。しかし今現在、予算として計上されている金額は1000億。従って予算がなくなればポイントももらえないということもあり得るということです。(追加予算が出れば別ですが)

エコというのは名ばかりで、こうした景気対策のツケはきっとどこかに現れてくるような気がします。ポイントをもらいたいばかりにおいしい話についつい乗っからないように消費者の方たちも記をつけなければならないし、専門家の立場として情報提供はしっかりしていかなくてはならない。

しかし制度が先行しすぎていて、具体的内容がこれから決まるといういつものパターンですが、これからも注視していきたいと思います。

またできるだけこのブログでも情報をお知らせできるようにして行きたいと思います。

ちなみに今回のエコポイントは工事証明書が必要なのでDIYは対象外ということでした。



二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


[PR]
by zucky67 | 2010-01-21 14:11 | 気になるニュース

長期優良住宅

今日は午後から長期優良住宅に関する技術講習会なるものに参加してきた。
長期優良住宅の普及の促進に関する法律が6月4日に施行されたのを受けてのことだ。

さて講習会の内容はテキストを読んでいるだけのものだったので、面白みの欠けるものだったのだが、ある程度わかってはいるものの、まだ聞いただけでは長期優良住宅の意味が今ひとつつかめない感じがした。

法律がうたっていることはわかるのだけれど、実際問題としてはどうなのかピンとこないし、手続も多く、結局、エンドユーザーには本当にお得な事なのかしっかり考えていかなければならない。

短期の意味合いとしては当面の景気対策に使われたり、業界のビジネスチャンスとばかり、各ハウスメーカーがこぞって長期優良住宅を建て始めているのを見ると、本当にストック型の社会へと進もうとしているのかわからない。

実際に施行2ヶ月を経過して埼玉県では250件ほどの認定申請があがってきていて、その99%は大手ハウスメーカーだそうだ。

9年前の品確法のようにならないためにも、普及することが望ましいのだけれど、次世代省エネ基準もマイナーなバージョンアップはあったものの、10年前の基準だし、一般化するまではまだ時間がかかりそうな予感がします。(住宅ローン減税も期間限定だしね)

10年、20年してそういえば昔、そんな法律あったよね、なんてことにならないようにしなくてはいけないですね。

今回の法律に踊らされる事なく、本当にエンドユーザーのためになるのかどうかは自分の中でしっかり考えた上で、建て主には説明していかないとビジネスチャンスとして捉えてしまうと必ず後で、いろいろと問題が出てきそうな印象がある。

個人的にはこういう法律が出てくればくるほど、消費者が支払うコストは上がっていくと思うし、複雑になり、わかっている人であればいいのですが、表面的にしか理解していないとかえって逆効果いなりかねないような気がします。

もう少し、色々情報を集めて、メリット、デメリット含め、将来、何がこの国にとっていい結果をもたらしてくれることなのかを考えてみたいと思う。

また長期優良住宅についてはブログでも紹介していきたいと思います。


[PR]
by zucky67 | 2009-08-07 19:59 | 住まい

雑記 148 今日からエコポイントスタート

今日からエコポイントがスタートした。
といってもまだ補正予算が成立していないので見切り発車かなという制度です。

対象商品は統一省エネラベルの四つ星以上の地デジ対応テレビ、冷蔵庫、エアコン。
冷蔵庫は昨年、買い替えたばかりだし、エアコンはほとんど使用しない。
ただテレビは15年ぐらい使っているし、地デジ対応にしないと行けないかなと思っていたところなので、今回このエコポイントを機に買い替えてもいいかな。

しかしこのエコポイントは何に使えるのか詳細も決まっていないし、それでいてポイントがもらえる期間が来年3月末までに購入した分ということと、その交換期間も12年末までということは決まっている。(継続的な制度としてやってくれるとありがたいんですがね)
まあエコポイントといっているが、エコ政策ではなく景気対策の政策だから仕方ないかもしれません。

ポイントは対象商品によって異なり、テレビは大きさ、冷蔵庫は容量、エアコンは能力によって違う。無理矢理今回買い替える必要もないだろうが、自分のライフスタイルに合わせた買い物が必要で、環境負荷の面からも考えれば使えるものをあえて買い替える必要性もないと思う。
したがって購入にあたってはよーく考えることが大切ですね。

地デジは考えないといけないかな。


[PR]
by zucky67 | 2009-05-15 13:11 | 雑記

雑記 136 定額給付金

我が家にもとうとう(いややっとと言うべきなんでしょうか)定額給付金の申し込み用紙が届きました。

最近はあまり頻繁に報道されなくなったせいもあり、忘れた頃になんとやらという感じです。
今となっては景気対策としてそれほど効果は見込まれないけれど、他の景気対策との合わせ技ということなんでしょうかね。

少しでも景気が回復してくれることを祈ります。

ただ申請がちょっと面倒なのと期限付きであること、また振込ということなのでお得感があまり感じられないことになってしまいそうな気がするのは気のせいでしょうか。

窓口で本人確認でもらえればそのまま消費ということも考えられると思うんですが、自治体の規模が大きくなればなるほど窓口業務が増大し、煩雑になってしまうから大変なんでしょうね。

とりあえず、申請だけはしてどう使うかは今後考えることにしましょう。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ホームページ
design studio bAOBab

建築家11人に無料で相談できる
アーキテクツデスク
コラム掲載中、興味のある方のそいてみてください。


[PR]
by zucky67 | 2009-04-23 21:28 | 雑記

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
プロフィールを見る
画像一覧