タグ:温暖化対策 ( 6 ) タグの人気記事

エコポイント対象TVの大幅減少?

昨日の新聞記事にエコポイント対象のTVが来春から大幅に減少するという記事が掲載されていた。

今売られているもののほとんどが基準を満たしているために基準を厳しくして更なる技術開発を促す狙いがあるということのようだ。

自分はまだアナログテレビなのでエコポイントがあるうちに新しいテレビを購入しようか迷っていtのでエコポイントが来年12月まで延長されたので少し購入時期を考えられるかなと思っていた矢先だ。

薄型テレビもちょうどお手頃価格になってきているし、と思っていたのに。。。

新たな基準を設けられるとその基準に合わせた商品がまた高価なものになるし、エコポイントがついても高いとちょっと購買意欲がなくるなあ〜。

しかし2011年にはデジタル放送になるわけだから、どこかで切り替えが必要ということになる。そういえば事業仕分けで地デジ化に影響がでるようなことも書かれていたからどうなるんでしょう?

まあ今回基準を改定するとエコポイント対象のテレビが大幅に減少すると書かれていたし、さていつどうするか、そろそろ考えるべきかな?

しかしデジタルになった時に何が自分の生活にメリットがあるのかと考えてしまうのも事実です。

二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


[PR]
by zucky67 | 2009-12-05 22:44 | 気になるニュース

08年度温暖化ガス 90年度比1.9%増

今日の新聞で気になった記事は「08年度温暖化ガス 90年度比1.9%増」という記事。
「2008年度の国内の温暖化ガス排出量が12億8600万トン(二酸化炭素=CO2=換算、速報値)と、京都議定書の基準となる1990年度比で1.9%上回ったことが環境省の調査で分かった。」(日経新聞より)
07年度よりも大幅に減少はしたものの、京都議定書でうたった1990年度比6%減の削減実行期間初年度は達成しなかったという事になる。12年度までに6%減が達成できるかどうかは微妙な気がするが、その先の25%減という目標を掲げた鳩山政権がこれからどういう施策を打ち出してくるのか注目される。
まずは環境税で広く浅く国民に負担してもらって、排出権取引に国民の税金を使い、国際公約を達成するという方向か、省エネ機器を購入して省エネ化を達成するのか?
はたまた別の道があるのでしょうか?

家電は大型化してはいるものの、確かに省エネはよく考えられている。しかし20年前からすれば便利なものが増えすぎてかえって家の中で家電の占める割合も増えているし、またライフスタイル自体が変わってきているから、CO2排出量は増えるばかり。この傾向はしばらく続くかな。
CO2の問題はエネルギー問題、経済、環境、利権など複雑にからみあっているのですぐにこれだといって解決するものでない。

いずれの施策も正しいかどうかは後世の人たちが判断するだろうが、笑われないようにだけはしてもらいたいものです。

もしかして温暖化問題自体なくなるってことない?って思ったりすることもあるですよね。


二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab



[PR]
by zucky67 | 2009-11-11 15:36 | 気になるニュース

CO2排出量大幅削減

先日の日経新聞に昨年度の大手製造業のCO2排出量が大幅に減ったという記事が載っていた。
記事に寄れば鉄鋼大手4社は90年度比11%、自動車5社は同39%減ったということだった。原因は昨年の世界同時不況による大幅な減産によるものだと伝えていた。

当然省エネ技術による削減ということもあるが、景気の影響が一番CO2を削減する大きな要因になっているのは皮肉な感じもする。

経済成長をしながら温暖化効果ガスを削減していくにはかなりのコストがかかるだろうし、一人一人に負担増が見込まれるのだが、一方で成長することがすべてなのかどうかということも含めて検討し、豊かさの評価のものさしを少し変えてみてもいいんじゃないかなとも思う。

日本は数字上では国際的に豊かな国になっているけれど、本当にそうかは疑わしいし、その豊かさが活かしきれていない面もあると思う。
もっと暮らしや文化という面での豊かさを発見できるような国になってほしいと願っているし、ジ自立できる国を目指していって欲しい。

鳩山さんが国際的に約束した90年度比でー25%という数字は当初は無理な数字とも取られたけれど、もしかしたら日本を再発見するためのいい機会なのかもしれないし、そうしていってもらいたいと思う。



[PR]
by zucky67 | 2009-10-19 20:47 | 気になるニュース

雑記 209 太陽光パネル

d0016587_12223778.jpg


昨日、市役所から浦和駅方面へ歩いていたら、太陽光パネルを発見。こんなのあったけ?

看板には知事公館太陽光発電システムとかいてあって、あれっ!ここって知事公館だったの!という方に反応してしまった。
良く通るのに全然知らなかった。
本当に興味がないと気づかないもんです。

d0016587_12225879.jpg


この太陽光発電システムには発電量やらCO2削減量が表示されていたので分かりやすかったですが、もっと効率の良くなれば同じ大きさでももっとCO2が削減できると思うんですが。
ちなみに昨日のこの時点ではCO2削減量は9.2Kgでした。



[PR]
by zucky67 | 2009-10-17 12:30 | 雑記

よしず

まだまだ梅雨が続いていますが、先日、日よけ対策としてよしずを設置しました。

d0016587_13234598.jpg


毎年、コンピューターがどうしてもオーバーヒート気味になってしまうため、数日間はエアコンをつけることになったしまう。

このよしずでどれだけ効果が出るかわかりませんが、実験がてら少し温度もはかりその効果のほどを確かめてみようかなと思っています。

ローテクなエコ生活でゆとりある暮らし方が出来るようになればコストもかからず、環境問題も減少していくと思うんですけどね。



[PR]
by zucky67 | 2009-07-04 13:29 | エコ

雑記031

昨日、福田首相が福田ビジョンなる日本における温暖化対策を発表しました。
長期目標として2050年までに温暖化ガスの排出量を現状比60〜80%削減を掲げ、中期的には2020年までに現状比14%削減。
排出量取引や環境税、サマータイム導入検討などの提言がなされた。
中でも30年までに太陽光発電を現状比の40倍に引き上げることや特に仕事に影響がありそうな点としては、12年をめどにすべての白熱電球を省エネタイプに切り替えるということだ。

いよいよ来月に迫った洞爺湖サミットに向けて次第にヒートアップしそうな温暖化対策。

ちょっとその前に京都議定書で約束したことは達成出来るのだろうか?(数値的になんとかしてしまうのかな?)
目標を掲げるのは良いが、達成可能な範囲を確実におさえていかないと結局は絵に描いた餅になってしまいかねない。

200年住宅にしてもそうだが、今現在普通に建てている住宅でも使い方次第では50年以上保つことは可能だ。(もしかしたら100年ぐらいは保つだろう。)
日本の住宅寿命が短いのは住宅自体が古いからダメ(中にはあるかもしれないが)というのではなく、住む人の気持ちの持ち方にも理由があると思う。
新しい方が良い、きれいな方が良い、かっこいい方が良い、メンテナンスをしたくないなど。

まずは住まい手の意識を含め、維持管理方法を実行して行くことで、もしかしたら普通の家が100年住宅になり得るのではないかと考えてしまう。

福田ビジョンによって住みやすい低炭素社会ができなければ意味が無いし、かえって窮屈な社会にならないように日々の生活を意識して行くことが大切だ。

最近は住まいをあまり設備など機械に頼らず、自然をできるだけ利用しながら低炭素社会にふさわしい居心地の良い住宅ができないか考えている。
周囲の動向も意識し、自分に出来ること、やるべきことを整理してこれから来るであろう低炭素社会の中で、できるだけ環境負荷を低減した住環境づくりに取組んで行きたい。


[PR]
by zucky67 | 2008-06-10 17:34 | ひとり言

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
プロフィールを見る
画像一覧