滋賀路をゆく その12 近江八幡3 八幡堀巡り2

八幡堀のなかでもこの辺は時代劇で良く見かけるところです。
d0016587_15171796.jpg

ツリーサークルなんかは草などで覆い隠され、庭園灯はそれっぽい木のカバーがされ、江戸時代風に撮影のときはされていました。
d0016587_15175090.jpg

この辺は船宿の裏手や堀端の風景なんかに良く使われている場所ですね。
鬼平では彦十のとっつぁんと再会するシーンに用いられていますし、掘割に船を浮かべて町人などの人々が行き交えばそこはもう江戸時代へタイムスリップした気分でしょう。
d0016587_1518773.jpg

白雲橋の脇から見たところ。
桜が満開のときはきれいでしょうね。
d0016587_15182181.jpg

八幡堀はいまや時代劇にはかかせない場所となり、最近は時代劇を見た時にチェックして見てちゃうんですよね。

つづく.....。


二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


[PR]
by zucky67 | 2010-01-10 18:09 | 旅行

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30