滋賀路をゆく その16 近江八幡7(ヴォーリズ建築05)

さてこの旅行記もやっと最終日になりました。
この日は残りのヴォーリズの建物と郷土資料館をはじめ旧西川家住宅、旧伴家住宅、かわらミュージアムなどをまわる予定にしました。
今回はちょうど休館日などと重なったり、予約しなければいけないものもあったりで結構詰め込んだスケジュールになってしまいました。
d0016587_11501355.jpg

まず最初に向かったのは幹線道路沿いに建っている浪川邸。
この住宅は1923(大正12年)年に完成したもの。90年近く前に作られたものではあるが、まだ現役の様子だった。さらにこの近所には翌年完成の柿元邸と1936(昭和11年)完成の宮川邸がありました。いずれも完全な洋館風といった意匠ではなく、和洋折衷様式な印象の住宅でした。
それにしてもこうして住み続けていることは設計者にとってはありがたいことですね。
これらは当然のことながら外観のみの見学でした。
d0016587_1203430.jpg

さて次に向かったのは1931(昭和6年)年完成の前田邸。
こちらは国登録有形文化財に指定された建物です。
外観のデザインはヴォーリズらしい感じがする建物ですが、残念なことに内部の見学はこちらもできないものになっています。
昨年、ヴォーリズ展が開催された際は期間限定で内部の公開がされたようですが、前庭とかも少し雑然としてしまっていたので今後整備され、一般公開されることを期待します。
d0016587_1229396.jpg

そこから少し離れた場所に内炭邸がありました。こちらは1929(昭和4年)年完成の和風テイストの住宅です。80年前の住宅ですが現役でした。

次へ向かうは池田町洋風住宅街。ここは4軒並んで見られる場所です。

つづく....。

二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


[PR]
by zucky67 | 2010-01-12 13:41 | 旅行

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30