建築確認簡略化へ

先週、建築基準法の運用改善の方針が発表されました。3月末をめどに公布し、6月施行の予定だそうです。
主に建築確認日数の短縮と提出資料の簡素化、違反があった場合の厳罰化の3本柱。
現在、審査期間最大70日を半分の日数で済むようにするということのようですが、結局はもとにもどるということで、実は厳罰化しただけということになるのではないかと心配です。
4号建築物は当面そのままのようなので大きくは影響はないと思いますが、確認申請はいつも感じることですが、手続の簡略化ということが問題なのではなくて、審査する側の判断力のレベルアップも同時に必要ではないかと感じる。
書類を出す側、受け取る側双方が同じレベルで話をしないと杓子定規で物事が判断されてしまうことも出てきてしまう。
今回の簡略化はマンションやオフィスビルなど大型物件に対しての緩和であって、景気対策の意味合いもあると考える。
法律は時代が進めばいつの間にか時代遅れになってくる。したがって、その時代に即した形でいろいろ変わって行くべきだと思う。
しかし最近、住宅に関する法律や政策は、表面的には一見良さそうに見えるものも実はそれが本当に良いことなのかよく考えなければいけないと思うようになってきている自分がいる。
次の世代に引き継いでもらえる住宅を造りたいだけなのに、なぜか小難しくして行く業界は結局どうして行きたいのだろうかと考えてしまう。

ちょっと話がそれてしまいましたが、とにかくまた建築確認が変わるということだけは確かのようです。また書式とか変わるんでしょうかね。
こうした状況が落ち着いた頃にまた何が起こるかわからないから、今はというか今後もただひたすら自分が信ずることをやって行くしかありません。


二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


[PR]
by zucky67 | 2010-01-25 09:27 | 気になるニュース

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30