わが家のCO2排出量'09

昨年に引き続き今年もわが家のCO2排出量の合計を出してみました。
09年のわが家のCO2排出量は約3tでした。
昨年は一昨年と比べエコを意識せずに生活してみて、一昨年に比べ300kg増となりました。
排出量に含んでいるものは電気、ガス、水道、可燃ゴミ、牛乳パック、トレイです。従って資源ゴミ等は入れていませんし、人間の出すCO2も入れてません。あと基本的に移動手段は公共機関のみなので自家用車等の移動によるCO2の排出は当然入れてません。

事務所の分も含めての排出量なので3tという数字はまあいいところかなと思います。
また今年の年賀ハガキはカーボンオフセットのものにしました。20年度実績でハガキ1枚あたり2.5kgのCO2削減ということだったので今年は750kgCO2削減に貢献したということになりますが、毎年その削減量は変化するということなので、この数値は暫定的となります。もしこの数値でFIXとしたら、3tー0.75t=2.25tという数字が最終結果になります。

しかし一年通してみるとやはり冬の方がエネルギー消費量は増えます。
最近はウォームビズという言葉もなくなり(ヒートテックのおかげ?)、でん子ちゃんも夏はよくみかけますが、あまり冬は見ませんね。(暖房手段が分散するため、発電所への負担が集中しないということもあると思いますが)
とにかく省エネをしなくちゃならないのは冬なんですよね。
デパートなんか中に入ると汗かくくらい暖房効いてるし、役所等も同じ。(違うところもあるとは思いますが)
暖冬であればいいんでしょうけど、それでまた困る人も出てくるわけで、なかなか難しい問題です。
まずは自分でできることからコツコツと思ってやっているんですが、そんなこといってる間に京都議定書の約定期間が終わっちゃうんじゃないかとちょっと心配です。
25%という数字が出て以降、マイナス6%がどっかにいってしまった印象だし、なんか最終的には排出権取引で解決という形になりそうで、根本的に温暖化効果ガスの削減にはつながってない気がします。
そのうち炭素税なのか環境税なのかわかりませんが、税金として課せられる可能性もあるし、環境がビジネス化し始めています。
実際にエコポイントもエコロジーではなくエコノミーの方に重点が置かれているし、エコとついた瞬間、環境にいいと思い込んでしまって、そこで思考がストップしてしまうと結果的には環境負荷低減につながっていきません。

過度に反応しなくとも身の丈にあったライフスタイルができるように心がける意識を日々の生活の中で見つけられるようにしていければいいのではないでしょうか。

第1歩として環境家計簿をつけることから始めてみてもいいと思います。


二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


[PR]
by zucky67 | 2010-02-19 12:01 | エコ

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30