人気ブログランキング |

姫路・伏見・奈良の旅 その16 奈良6 夢殿&中宮寺

法輪寺から歩いて15分ほどすると東院伽藍があります。
初めて法隆寺を訪れたのは小学生の頃だったと思いますが、八角形という建物の形を初めて見たことがとても印象的だったと記憶しています。
d0016587_10582988.jpg

ちょうど修学旅行の学生たちも来ていたのでゆっくり見れませんでしたが、何回来てもいいですね。
次に向かったのは東院伽藍と隣接して建っている中宮寺です。
何度も来ている法隆寺ですが、今回中宮寺は初めて訪れました。やはり法隆寺にくると東院伽藍と西院伽藍がメインとなってしまい、今まで見たことがありませんでした。
d0016587_10584829.jpg

創建時は現在よりも400mほど東の位置に跡地が発見されていて、南に塔、北に金堂を配置した四天王寺式配置伽藍だったということが確認されています。
現在の本堂は吉田五十八氏の設計により1968年に建立されたものだそうです。
この中宮寺には国宝の本尊如意輪観世音菩薩半跏像があり、パンフレットによれば「飛鳥時代の彫刻の最高傑作である....(中略)....エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれております」と紹介されています。
初めて見る菩薩像はまさにそんな印象を与えるとてもすばらしいものでした。
今までそれほど興味を抱いていなかったのですが、この旅でいくつか仏像を見ているうちに次第に興味がわいてきてしまいました。
仏像自体いろいろな意味を持っているし、その仏像の意味が分かってくるとまたお寺さん巡りは楽しくなるということが少しずつわかってきたように感じました。

さてそろそろ西院伽藍へ行かないと本日の時間の方も少しずつ無くなってきてしまいました。

つづく。



玖美刺しゅう展'10


二人の造家師が住まいを提案する design studio bAOBab


by zucky67 | 2010-04-09 21:45 | 旅行

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
カレンダー