福島〜宮城〜岩手の旅 その1 観海堂

何回かに渡って先週行って来た東北の旅について写真を交えながらちょっと紹介して行きたいと思います。

まず最初に訪れたのは福島県の新地町というところにある観海堂という建物です。
朝6時前に出発して3時間程かけて到着しました。

今回、ここを訪れたのは以前にも書いたと思いますが、もしかしたらご先祖さんが過ごした家じゃないかってことで調査(?)するためだった。

d0016587_21231771.jpg


この建物は黒澤清之進というこの地域の郷士のお宅を観海堂という名で福島県で最も古い小学校として活用され、残っていたものだ。平屋で1769年に建立。平屋で建立時は約32坪であったが、小学校としてしようするため増改築されたりしたため、現在保存修理されたものは40坪程度のものとなっている。
私の先祖は黒澤清之進さんのところからどうやら養子に出ているため、兄弟または従兄弟の可能性があるかもしれないということで調べてみた。

d0016587_21243337.jpg


小屋組の様子。

d0016587_21245830.jpg


座敷を見る。

d0016587_2125174.jpg


ここには当時の勉強している学校の様子を再現するために人形が展示されているが、一瞬ビックリしてしまう。

d0016587_2125344.jpg


ありがたいことに今回は市の教育委員会の方から資料を頂いたり、諏訪神社の宮司さんに案内いただいた。

結局、結論まで至ってはいないが、確率的には少し低い様子だった。
しかしこうして自分のルーツを探ることで新しい出逢いがあるというのも何か不思議である。
現代ではなかなかルーツを探るのはよっぽど文書などをしっかり残していない限り難しい。
しかし残されている資料を紐解いていてみるといろいろとわかってくることがあることも確かである。
滞在時間が少なく、ちゃんとした調査というところまでは出来なかったけれど、また時間を作ってみたいと思っている。

P.S.旅行から帰って来てネットでいろいろ調べていたら同じ時期に同じごご先祖だとおもわれる人が同じ様に自分のルーツを訪ねたことをブログで紹介していたのを発見。
ちょっとビックリ。
世の中には偶然という名の必然的な出来事があるのかもしれない。これもなにかご先祖のメッセージなのかな?



[PR]
by zucky67 | 2008-11-05 21:57 | 旅行

design studio bAOBab 鈴木のBLOG さいたま市で住宅を中心に手掛けている設計事務所です。住まいや建築、日々感じること、自分なりのプチハッピーライフを書き綴っています。


by zucky67
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30